8月18日(土)第1回先天性心疾患解剖セミナーを開催します。

正常心の解剖・発生と、テーマをASD・VSDとして解剖・発生や治療について実際の心臓標本を手にとりながら学べるセミナーを開催します。
先天性心疾患を学ぶすべての先生方に広くご参加いただければ幸いです。

主催: 東京女子医科大学安藤標本室 東京女子医科大学 循環器小児科・心臓血管外科
場所: 東京女子医科大学 外来センター5階大会議室
日時: 2018年8月18日(土曜日) 10:00-17:00
募集: 50名 (標本数に限りがあるため)
会費: 10,000円

テーマ ASDとVSD

正常心の形態と標本の見方 稲井 慶 10:00 -10:30
心房、心室中隔の発生 白石 公 10:30 -11:00
心房中隔欠損症の形態学 杉山 央 11:00 -11:25
心房中隔欠損の外科的閉鎖術 山岸 正明 14:30-15:00
ランチョンセミナー 演者 中西 敏雄 12:00-12:45
標本実習(60分) 13:00-14:00
心室中隔欠損症の形態学 稲井 慶 14:00-14:30
心室中隔欠損症の外科的閉鎖術 新川 武史 12:00-12:45
標本実習(60分) 15:15-16:15
Case discussion「診断は?」 16:20-17:00
プレゼンター  佐藤 正規、原田 元
コメンテイター 杉山 央、富松 宏文、新川 武史、稲井 慶

参加希望の方は以下のメールアドレスまでご連絡ください。

連絡先 Email : oohsawa@hij.twmu.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 5 =